• TOP
  • 事業概要
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 最新情報ブログ
  • ご相談・お問合せ

当事務所には、相続税・贈与税・譲渡所得税など資産税を専門とする税理士が在籍しております。長年の経験を生かし、お客様のニーズに応じた申告をお手伝いします。
相続税の申告は、円満に終わらせるのが何よりも重要です。お客様のご要望に最大限応えられるように、親身に対応いたします。

お客様のご要望や諸事象により申告までの期間、最短1か月で対応いたします。また、相続、不動産に精通している司法書士事務所との連携により、申告のための資料収集、申告後の移転登記についても、スムーズに行うことが出来ます。

相続税・贈与税・譲渡所得税など資産税に関するご質問、ご相談に関しては、無料にて実施しております。また定期的に無料相談会も行っております。
まずは、お気軽にご相談下さい。

定期的にお会いして、相続対策や資産の運用についての相談業務を行うために、月次顧問契約を設けています。相続対策は年月をかけてこそ効果が出ます。また、次世代に渡ってサポートしていくことにより相続発生後の不安を解消することが出来ます。

相続税とは、亡くなった方の財産を相続により取得したときや、遺言によって 財産を取得したときに生じる税金です。取得した財産が一定額以下であれば、 相続税はかからず、申告の必要はありません。また、相続税の申告と納税は、 相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に、亡くなった方の 亡くなった当時の住所地の税務署に対して行わなければなりません。 申告の期限までに申告しなかった場合には、本来の税金以外に加算税がかかりますし、 期限までに納めなかった場合には、利息に当たる延滞税がかかりますので注意が 必要です。
贈与税とは、個人から財産(土地・建物・現金・宝石など)を贈与された場合に 課税される国税のことで、贈与税には「基礎控除110万円」がありますので、 年間110万円以下の贈与であれば、贈与税はかかりません。 もし相続財産を生前に贈与した場合、相続税がかからず、これを許してしまえば 相続税の存在意味がなくなってしまいますので、相続税を補完する形で設けられた のが贈与税です。よって、贈与税は相続税よりも税率が高く設定され、負担額が 大きくなっていることが特徴です。
資産を譲渡した時に得られた利益のことを言います。不動産などの売却(譲渡)価格 そのものではなく、そこから一定の経費を差し引いた後に利益が残った場合に 「譲渡所得」と言います。譲渡所得には取得後の期間による長短の区分があり、売却 した年の1月1日時点で所有期間が5年を超えていると長期譲渡所得、5年以内なら短期 譲渡所得になります。譲渡所得から特別控除を除いた部分に課税されます。


最新情報
ページトップへ